水谷豊の娘・趣里、両親から影響「小さい頃から俳優の姿勢見てた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水谷豊&伊藤蘭から「好きなようにやれ」と言われているという趣里 - 写真:タナカトシノリ

 水谷豊伊藤蘭を両親に持つ女優の趣里が13日、都内で行われた主演映画『東京の日』完成披露試写会に佐々木大介渡辺真起子香川京子池田千尋監督と登壇した。水谷と伊藤から演技に口を出されたことは1回もなく、「好きなようにやれ」と言われているという趣里。表現者の手本でもある両親から得る刺激は大きいようで「小さい頃から俳優としての姿勢を見ていたし、日々の生活でも影響を受けます」と笑顔を見せるなど、親子間の強い信頼関係をうかがわせた。

どっち似?水谷豊と伊藤蘭の娘・趣里フォトギャラリー

 本作は、全財産をスーツケースに詰めて上京してきたワケありの女・アカリ(趣里)と何を考えているかわからない優柔不断な男・本田(佐々木)が、東京の片隅で偶然に出会い、共に生活を送る中で、人を愛することの意味を見つけていくラブストーリー。

[PR]

 女性陣への「本田のような優柔不断な男をどう思うか」という質問に、趣里と渡辺は「嫌です」と即答し、観客を笑わせた。一方、本田を演じた佐々木は、撮影中の現場が「つらかった」と苦笑い。気持ちがはっきりしないキャラクターを演じることで、いろんな女性から責められるという、肩身の狭い思いをしたようだ。

 池田監督は「この人に演じてもらいたい」という出演者を先に決め、脚本執筆を当て書きで進めたという。作中で趣里が「なごり雪」を歌う場面については、美しい歌声を褒められ、「どうしよう、やめてください」と恥ずかしがる一幕も。プライベートでカラオケに行くことはあまりないという趣里は、役づくりのために監督と何度か行ったそうだ。

 大ベテランの香川は「今は大きな夢を持ちたいと思っても、難しい世の中で大変。この映画は、主人公が少しずつ変わっていく、希望が持てる作品。若い人たちが希望を持って生きられるように願っています」としみじみメッセージを送り、趣里は「東京を舞台に、面白い視点で描かれている映画。観たら、きっと背中を押してくれるんじゃないかなと思います」と見どころを語っていた。(取材・文:百佐保里)

映画『東京の日』は10月31日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]