『アントマン』続編は2018年7月全米公開!タイトルは『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アントマンが戻ってくる! - 映画『アントマン』より - (C) Marvel 2015

 わずか1.5センチのヒーローの活躍を描くマーベル映画『アントマン』の続編が『アントマン・アンド・ザ・ワスプ(原題) / Ant-Man and the Wasp』というタイトルで2018年7月6日に全米公開されることが決定した。マーベル・スタジオが発表した。

 『アントマン・アンド・ザ・ワスプ(原題)』にはアントマンことスコット・ラング(ポール・ラッド)とホープ(エヴァンジェリン・リリー)がカムバック。ワスプは女性ヒーローの名で、ヒロインの名も付けられたタイトルはマーベル映画史上初となる。

 これに伴いマーベルの『ブラック・パンサー(原題) / Black Panther』の全米公開日が2018年7月6日から同年2月16日に、『キャプテン・マーベル(原題) / Captain Marvel』の全米公開日が2018年11月2日から2019年3月8日に変更されることに。さらにマーベルは、2020年にはタイトル未定の3作品(それぞれ公開日は5月1日、7月10日、11月6日)の公開を予定していることも明らかにした。

 日本でも7日時点で興行収入10億円を突破(数字は配給調べ)するなどヒットを記録している『アントマン』。アントマンは2016年5月6日全米公開の『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー(原題) / Captain America: Civil War』にも登場することになっており、マーベル・シネマティック・ユニバースでどんどん存在感を増していくことになりそうだ。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]