リース・ウィザースプーンが映画『わたしに会うまでの1600キロ』のチームと再タッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リース・ウィザースプーン - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『わたしに会うまでの1600キロ』のリース・ウィザースプーンローラ・ダーン、そして原作者のシェリル・ストレイドの3人が、新作テレビシリーズ「タイニー・ビューティフル・シングズ(原題) / Tiny Beautiful Things」で再タッグを組むことが、Deadlineほか複数メディアで報じられた。

【動画】『わたしに会うまでの1600キロ』

 本作は、リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、シェリル・ストレイドの夫でフィルムメイカーのブライアン・リンドストロムが製作総指揮を務め、シェリル・ストレイド原作のエッセイ集「タイニー・ビューティフル・シングズ:アドバイス・オン・ラブ・アンド・ライフ・フロム・ディア・シュガー(原題) / Tiny Beautiful Things: Adivice on Love and Life From Dear Sugar」をHBOのもと製作する予定のドラマシリーズ。

[PR]

 監督兼脚本は、ブライアン・リンドストロムが務める。そのストーリーは、真実こそが全てと念頭に置きながらポートランドに暮らす家族の愛、喪失、強欲、人生を描いたもの。

 『わたしに会うまでの1600キロ』では、リース・ウィザースプーンがアカデミー賞主演女優賞に、ローラ・ダーンがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。今のところ、キャストは明かされていないが、彼らがどんな化学反応を巻き起こすのか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]