2016年ピープルズ・チョイス・アワード 司会は「Glee」のジェーン・リンチ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェーン・リンチ - David Buchan / Getty Images

 テレビドラマ「Glee」でスー・シルベスターを演じたジェーン・リンチが、2016年ピープルズ・チョイス・アワードの司会を務めると同賞と米CBS局が報じた。

【写真】ジェーン・リンチ出演『午後3時の女たち』

 「ピープル(人間)の一人として、人が選んだものを表彰する唯一の賞の司会を務められることに大きな喜びを感じています」とジェーンは同賞のブログでコメントしている。彼女は2011年にエミー賞の司会も務めたことがある。

[PR]

 ジェーンは現在、来年2月からアメリカで放送がスタートする30分のコメディードラマ「エンジェル・フロム・ヘル(原題) / Angel From Hell」で守護天使を演じている。アリソンという女性の前に彼女の守護天使だと言い張る、ずうずうしく、派手なエイミー(ジェーン・リンチ)が現れるストーリー。意外にも二人に友情が芽生えるが、アリソンはエイミーが本当に天使なのか、それとも気がおかしいだけなのか、判断が付かないという。エイミー役には「サイク/名探偵はサイキック?」でジュリエットを演じたマギー・ローソンがキャスティンされている。

 オンライン投票で決まる2016年ピープルズ・チョイス・アワードは2016年1月6日に開催され、米CBS局で生中継される。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]