『リトル・ミス・サンシャイン』のオスカー俳優アラン・アーキン 軽い脳卒中で入院

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
翌日には退院したというアラン・アーキン - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 2006年に映画『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞助演男優賞を獲得した俳優のアラン・アーキン(81)が11月9日(現地時間)に軽い脳卒中で入院したとTMZ.comが報じた。

【写真】個性的な家族のロードムービー、映画『リトル・ミス・サンシャイン』ギャラリー

 「とても軽い脳卒中を起こしましたが、非常に元気にしています」と代理人のメロディ・コレンブロットはUSAToday.comにコメントしている。翌日には退院したそうだが、11月12日(現地時間)に開催された、出演映画『ラブ・ザ・クーパーズ(原題) / Love the Coopers』のロサンゼルス・プレミアには出席しなかったという。同映画にはオリヴィア・ワイルドアマンダ・セイフライドなども出演している。

[PR]

 アランは1966年に映画『アメリカ上陸作戦』のラザノフ役でゴールデン・グローブ賞男優賞を獲得し、脚光を浴びるようになった。その後、『リトル・ミス・サンシャイン』ではアカデミー賞を受賞、『愛すれど心さびしく』『アルゴ』などでもノミネートされた。その他『シザーハンズ』『あきれたあきれた大作戦』『キャッチ22』などにも出演している。

 最近では、モーガン・フリーマンマイケル・ケインと共に、ザック・ブラフの強盗コメディー映画『ゴーイング・イン・スタイル(原題) / Going in Style』の撮影を行っていたという。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]