目覚める度に外見の変わる男が恋したら…『ビューティー・インサイド』日本版予告

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
外見? 内面? 愛の本質とは…… - (C) 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.

 男、女、老人、子供、外国人……18歳の時から目覚めると外見が変わるようになってしまった主人公ウジンの恋を描いた韓国映画『ビューティー・インサイド』の日本オリジナル予告編が公開された。韓国映画初出演を果たした上野樹里をはじめとする豪華な俳優陣演じるウジンが、外見が変わることによって一筋縄ではいかない恋に戸惑う切ないシーンが披露されている。

 本作は、目覚めるたびに別の外見になってしまうことから、その才能とインターネットを活かして家具デザイナーとして活躍するウジンと、アンティーク家具専門店で働くイスの恋模様を活写するファンタジーラブロマンス。イスに会いたい一心で毎日初めて来た客のように彼女が務める店に通い、念願のデートも上手くいったウジンは、同じ外見を維持するため寝ることができない。三日連続で会い続け、イスも彼を好きになったが、眠気に勝てずうっかり寝てしまったウジン。起きたらまた別の顔になっていて……。

 美青年がうっかり寝てしまったことで髪の薄いおじさんになってしまう! そんな可笑しくも切ない映像から始まる予告編は、女性の姿で「僕はウジンです」と真実を告げるが、イスには「二度と会いたくない」と言われてしまうなど、さまざまな外見になるウジンが恋に翻弄されるさまを捉えたもの。一方、イスも彼に惹かれていく思いと現実との間で揺れ動く。ウジンが大人の男性の外見になった日は「今日が続いてほしい あなたも今のままで」と願うも、別の日には外見の変わったウジンに手を握られて思わず振り払ってしまうイス。愛する上で本当に大切なのは外見、内面どちらなのか。「愛の本質」に鋭く迫った一作となっている。

[PR]

 イス役として主演を務めたのは「トンイ」『王になった男』などのハン・ヒョジュ。上野のほか、パク・ソジュンイ・ジヌクユ・ヨンソクイ・ドンウクイ・ボムス、ソ・ガンジュン、パク・シネコ・アソンら123人の俳優がウジンを演じた。本作が長編映画デビュー作となるCM界出身のペク監督による映像美も見どころだ。(編集部・吉田唯)

映画『ビューティー・インサイド』は2016年1月22日よりTOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]