庵野ゴジラ、ほえる!『シン・ゴジラ』特報&ビジュアル公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これはコワい! リアリティーあふれる『シン・ゴジラ』ビジュアル - (C) 2016 TOHO CO., LTD.

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督を、樋口真嗣が監督と特技監督を務める『ゴジラ』シリーズ最新作『シン・ゴジラ』から、新たなゴジラのシルエットと、咆哮の響く特報映像が公開。また、公開日が2016年7月29日に決定したことも発表された。

 公開されたシルエットでは、12年ぶりに復活する日本版ゴジラを捉えた凶悪な姿の一端が明らかに。従来のゴジラのイメージを保ちつつ、ギョロリとむかれた目と、ふぞろいのトゲのようなキバが、これまでのゴジラとは一味違った、えもいわれぬ恐怖を感じさせる。その大きさは、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014年)の108メートルを上回る、118.5メートルという史上最大のスケールだ。

 イメージデザインを手掛けたのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のコンセプトアート&デザインなども務めるアニメーターの前田真宏。その前田と庵野総監督が作り上げたコンセプトデザインを基に、「仮面ライダードライブ」の怪人デザインなどで知られる造形作家・竹谷隆之がキャラクターデザインを務めた。

[PR]

 庵野総監督との打ち合わせを経て「日本人だけが作ることのできる、ゴジラに込められた精神性や想いをデザインに落とし込もうと考えました」という前田は、新ゴジラについて「戦後間もない頃に製作された初代『ゴジラ』のリアリティーに対して、3.11を体験した我々だからこそ体現できる、リアリティーのある、原点回帰のデザインになっていると思います」と自信のコメント。また、半年以上、約100回ものやり取りを経てゴジラの立体物を造形したという竹谷は、「庵野総監督の頭の中にある“ゴジラ”の具体的なイメージは、一つ一つのディテールにも意味があり、それを具現化していく作業は、僕にとってとても刺激的で濃厚で、かつ楽しい経験でした」と振り返っている。

 ビジュアルに躍る「ニッポン対ゴジラ。」というキャッチコピーの通り、本作の舞台は日本。公開された特報では、ゴジラの姿こそ映らないものの、パニック状態の中を逃げ惑う人々の姿が、ドキュメンタリーのようなタッチで描かれている。出演は長谷川博己竹野内豊石原さとみ。都内近郊の街をまるごと封鎖したという、大規模ロケで撮影された迫真の演技にも期待したい。(編集部・入倉功一)

映画『シン・ゴジラ』は2016年7月29日より全国東宝系で公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]