モヒカンの松田龍平と前田敦子!YAZAWAとカープの故郷、広島へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
広島でモヒカンが流行るかも? - (C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

 松田龍平前田敦子が初共演している映画『モヒカン故郷に帰る』の予告編とポスターが公開され、売れないバンドマンの息子(松田)が妊婦の恋人(前田)を連れて故郷・広島に帰って繰り広げる、てんやわんやの家族の物語が明らかになった。

 本作は『南極料理人』や『横道世之介』などの沖田修一監督がオリジナル脚本で挑む、広島を舞台にしたホームドラマで、松田や前田の他に、柄本明もたいまさこ千葉雄大といった豪華キャストが集結している。モヒカン息子・永吉(松田)が、妊娠した恋人・由佳(前田)を連れて7年ぶりに故郷に帰ると父親(柄本)のガンが発覚。母(もたい)や弟(千葉)、家族が再び集まって暮らす日々の悲喜こもごもが描かれる。

 今回公開された1分半の予告映像は、永吉と由佳が東京土産を持ち、船に乗って故郷に帰るシーンから始まる。矢沢永吉をこよなく愛す父・治は白のスーツとハット、サングラスでビシッと決めて、コーチを務める吹奏楽部のメンバーに「YAZAWAは広島の義務教育です! OK?」と力説。広島カープが大好きの母は「あんたはなんで電話せんの?」と永吉に怒ったかと思えば、「ほんまにあの子で大丈夫?」と息子の恋人に優しく声をかけ、マイペースな由佳は「全部ちょうどいいっていうかぁ」と笑顔で返す。シーンの隅々に見え隠れするYAZAWAグッズやカープグッズも見逃せなく、沖田監督ならではのあたたかでハートフルなストーリーを予感させる。

[PR]

モヒ柑くんストラップ

 広島県にある島でオールロケを敢行した今作では、撮影時に“モヒ柑くん”というキャラクターが生まれるほど、島の方々から柑橘類の差し入れがあったそうだ。撮影中にキャスト・スタッフを見守っていたモヒ柑くんはストラップになり、前売り特典としてムビチケを購入した人にプレゼントされる。(編集部・海江田宗)

映画『モヒカン故郷に帰る』は2016年3月26日より広島先行、4月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]