シネマトゥデイ

テイラー・スウィフトのコンサート映画、抗議騒動起きたApple Musicが独占配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワールド・ツアー中のテイラー・スウィフト - George Pimentel / LP5 / Getty Images for TAS

 歌手テイラー・スウィフトのワールドツアー「THE 1989 WORLD TOUR」の模様を収録した映画『ザ・1989・ワールド・ツアー・ライブ(原題) / The 1989 World Tour Live』が、「Apple Music」独占で配信されることが発表された。

【写真】来日の際には透け感のあるワンピースで登場したテイラー・スウィフト

 Apple Music とテイラーの関係は、今年6月、テイラーがアーティストへの対価をめぐり Apple Music 側に抗議したことで注目を浴びた。テイラーは、3か月の無料トライアル期間中はアーティスト側に対価を支払わないとしていた Apple Music をtumblrで批判。自身のアルバム「1989」を Apple Music から引き下げるとまで主張していたが、Apple社の上級副社長エディー・キュー氏が反応して前言を撤回し、無料トライアル期間中であってもアーティストに支払いをすると明言したことで、両者は和解していた。

 その後も良い関係が続いていたようで今では全く不和はないとばかりに、今回のコンサート映画の独占配信が決定。テイラーは自身の誕生日である現地時間13日にTwitterを通じて、「みんな誕生日をお祝いしてくれてありがとう。あなたたちにちょっとしたサプライズがあるの」というツイートとともに本映画の予告編を披露。また同日 Apple Music は、「『The 1989 World Tour Live』は12月20日に Apple Music だけで公開」とつぶやいており、同映画のソフト化の可能性がないことをにおわせている。同映画の監督は、『ホースメン』のジョナス・アカーランドが務めている。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]