ギレルモ・デル・トロ新作は『ミクロの決死圏』リメイクか!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ギレルモ・デル・トロ版『ミクロの決死圏』! み、観たい! - Ethan Miller / Getty Images

 映画『パシフィック・リム』『クリムゾン・ピーク』のギレルモ・デル・トロが、1966年公開のSF映画『ミクロの決死圏』リメイク版の監督を務める見込みであることを、The Hollywood Reporter が独占で報じた。

【写真】デル・トロ監督のロボットアクション!

 同作は、脳にダメージを受け意識不明となった科学者を、ミクロ化した医療チームが体内から治療するさまを描いたSFアドベンチャー。リメイク版では、2009年からこの企画に着手しているジェームズ・キャメロンがプロデューサーを務める。

[PR]

 キャメロンはデル・トロ監督がメガホンを取る予定だったもののキャンセルとなった、H・P・ラブクラフトの小説「狂気の山脈にて」の映画化企画をプロデュースする予定だった。今回の監督交渉がまとまれば、ようやくのタッグ実現となりそうだ。また、脚本を手掛けるのは、『ダークナイト』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のデヴィッド・S・ゴイヤー。ゴイヤーはデル・トロ監督がメガホンを取った『ブレイド2』(2002)の脚本を手掛けており、こちらは久々のタッグ再結成となる。

 長らく実現に至っていなかった『ミクロの決死圏』のリメイク企画だが、デル・トロ監督がメガホンを取るとなれば、売れっ子脚本家のゴイヤーの参加もあって、一気に実現にこじつけることになりそうだ。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]