指原莉乃、映画監督の次は大統領に?NMBイベントにサプライズ登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“映画監督”指原莉乃が登場!

 指原莉乃率いるHKT48メンバーが15日、都内で行なわれた山本彩渡辺美優紀NMB48メンバーが登壇する、映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』完成披露舞台あいさつにサプライズ登場し、会場を沸かせた。

【写真】NMB48のイベントに指原率いるHKT48が登場

 本作は、不格好でも夢にしがみつき、人気をつかみ取った浪速の女たちの4年間の闘争を記録したドキュメンタリー。快進撃を続けるHKT48の今と未来を描いた、指原初監督作『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』も同日公開されるため、指原たちは作品PRをしようと急きょ登壇することとなった。

[PR]

 山本らが本作の見どころなどを語り、フォトセッションに移ろうとしたその時、『ちょっと待ったー!』の掛け声と共にステージにかけ上がった指原たち。AKBグループといえば制服風衣装が定番だが、この日の指原は、自称「監督風」のジャケットを羽織った大人っぽいイメージで、「一生懸命編集したので是非見てください」と笑顔で呼びかけた。そんな指原の姿に山本は、「支配人の次は監督……。格好よすぎません?」と羨ましそう。指原は「やってみて! どういうこと? って思うから」と複雑な心境を打ち明けるも、渡辺は「いつか大統領とかになりそうですね」と相変わらずの天然コメントでファンを喜ばせた。

 指原は、「バラエティでも、自分が見せたくない姿を見せるのが面白い」という理由から、「メンバーにとって嫌なシーンも使っている」と見どころを紹介。そんな意欲作と対決しなければいけない山本は、「いや、そこは穏便に。どちらも観ていただければ幸いです」と低姿勢でファンにお願いした。指原は「1日に2つ観ればいいもんね」とサラリと言ってのけ、「全然違う。ジャンルも涙の意味も違うので、どちらも面白いと思う」と自信満々にアピールした。

 この日は、NMB48メンバーの白間美瑠薮下柊渋谷凪咲須藤凜々花太田夢莉、HKT48の兒玉遥田島芽瑠田中美久朝長美桜宮脇咲良矢吹奈子のほか、本作のメガホンを取った舩橋淳監督も出席した。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』は1月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]