タランティーノ、次回作は30年代のギャング映画か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お楽しみに! クエンティン・タランティーノ監督 - Marc Piasecki / Getty Images

 密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が2月27日に日本公開されるクエンティン・タランティーノ監督が、次回作は、1930年代のオーストラリアを舞台にしたギャング映画になる可能性があるとオーストラリアの映画情報サイト「So, Is It Any Good?」の取材で明かした。

【動画】タランティーノ監督最新作『ヘイトフル・エイト』予告編

 タランティーノ監督は「1930年を舞台にしたオーストラリア映画を製作する構想があるんだ。映画『ボニーとクライド/俺たちに明日はない』のようなテイストで、オーストラリアのアウトローなカップルの物語になる予定だ。そのうちわかるよ」と新作のアイデアを語っている。

 『ヘイトフル・エイト』は、第88回アカデミー賞の助演女優賞(ジェニファー・ジェイソン・リー)、作曲賞(エンニオ・モリコーネ)、撮影賞(ロバート・リチャードソン)の3部門でノミネートされている。(鯨岡孝子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]