伊勢谷友介、SMAP報道「あほくさ」発言を釈明

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
伊勢谷友介(写真は昨年11月撮影)

 俳優の伊勢谷友介が22日、連日伝えられているSMAPの解散報道に対し、「あほくさ」と発言したことについてTwitterで釈明した。

【写真】伊勢谷、“生コマネチ”にナイスすぎるリアクション

 伊勢谷は21日、ダウンタウン松本人志が「解散したくないなら木村(拓哉)に謝れ」と自身が中居正広に助言したとするニュースについて、「100%ウソ!久々に訴えるか!」と否定したツイートをリツイートした後、「あほくさ。スマップの事なんかより、未来において大事な選択肢が国会で選択されてる」などとツイート。政治や環境問題に積極的な本人としては、連日過熱する報道に苦言を呈したものとみられるが、SMAPに対して失礼だと捉えた人も少なくなかったようで、伊勢谷のTwitterには批判的な意見も寄せられていた。

 これを受けてか、翌日「あらま(; ̄ェ ̄)」とTwitterを更新した伊勢谷は、「SMAPさんの心地の悪そうな会見は同情してしまうものだった」と切り出すと、「そおっとしておいて欲しくても、多くの人に興味を持たれる。その人々の『興味』の裏で、国会と言う日本の未来を決めていく重要作業が見えなくなる。人は自らが利用される『隠れ蓑』になる事を望んではいない」とあらためて発言の真意をつづった。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]