向井理、小栗旬のせいで落馬し恨み節

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「“もらい事故”的な感じでした」と嘆いた向井理

 俳優の向井理が23日、都内で行われた映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』の初日舞台あいさつに出席し、小栗旬のせいで落馬したことを嘆いた。

小栗旬、柴咲コウ、山田孝之も!舞台あいさつフォトギャラリー

 本作は、戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗)が、自分そっくりの織田信長(小栗二役)として生き、天下統一を目指すさまを追ったテレビドラマの映画版。信長が死ぬ“本能寺の変”が迫る中、運命に抗って生き抜こうとするサブローの姿が、笑いと涙、家臣との青春物語を交えて描かれる。

[PR]

 ドラマから始まり、この日までの約2年間をサブローとして生きた小栗は、「あぁ良かった。サブローの長い旅が終わったなという感じがします」と感慨深げ。そんな小栗にとって特に思い出深い場面は、体当たりで臨んだ合戦シーンだそうで、「馬で駆け抜けるところは、理くんと二人で『行きたくないね』って。本当に怖かったです」と吐露。向井も「半ば諦めていたね」と同調しながら、大勢の人がいる中での殺陣回りなど、「なかなかできないことを経験させていただいた」としみじみと語った。

 とはいえ、まれな体験であれば何でも良いはずもなく、「経験したくなかったこともありました」と苦笑する向井。それは「落馬」で、人生で2回経験した落馬シーンが『信長協奏曲』だという。しかも、「1回目は完全に旬のせいだった」そうで、「ドラマの第1話で、二人で(一頭の馬に)乗っていて二人で落ちた」と暴露。小栗は「もう自分がどうにもならなかったので、前に座っていた理くんをつかんで一緒に落とすっていう……」と笑いながら説明すると、向井は「あれはなかなか“もらい事故”的な感じでした」とポロリ。しかも、そのシーンは使われていないため、向井は完全に落ち損だったようだ。

 2回目の落馬は本作での撮影で、馬がびっくりして跳ね上がったことが原因だそうで、小栗は「あの時は、二人ともどっちかが落ちるだろうなと思いながら走り出しました」と振り返る。その予感は的中し、向井だけが落馬したわけだが、向井は「今回は映像として使っていただいたので、落ちがいがありましたね」と納得の表情。さらに「結果的に楽しかったです」と落馬も含め、作品を作り上げてきた仲間との撮影を心底満喫したことをうかがわせる爽快な笑顔を見せた。

 この日は柴咲コウ藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)、高嶋政宏山田孝之松山博昭監督も出席した。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]