横山由依、“初恋相手”と再会で照れまくり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
頬を赤らめた横山由依

 昨年、AKB48グループの総監督に就任した横山由依が30日、横浜市のブリリア ショートショート シアターで行われた映画『9つの窓』先行公開初日舞台あいさつに出席。初恋相手役を務めた俳優の大野拓朗から、楽屋で「監督」と呼ばれたことを自ら告白し、「ドキッとしました。いや、恥ずかしいですね」と頬を赤らめた。

【写真】初恋相手役を務めた大野拓朗

 AKB48グループのメンバーがそれぞれ主演を務める9つの短編で構成される本作は「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」とAKB48グループのコラボ作品。舞台あいさつには横山と大野のほか、本作に出演する宮澤佐江北原里英入山杏奈木崎ゆりあ茂木忍中西智代梨江籠裕奈らAKB48グループメンバーと小池亮介、主題歌を担当する Thinking Dogs が出席した。

[PR]

 横山は『漁船の光』に主演し、初恋相手(大野)と再会することで夫に隠れて動揺する人妻を演じており、この日登壇した大野から「久しぶりに横山さんにお会いして、あらためて初恋だなって。ますますキレイになりましたね」と声をかけられると「やめてください」と照れ笑い。

 「さっき裏でお会いして『監督、緊張するよ』って言われて、『あれ(本作の)監督? 今日来ていたかな』と思ったら、わたしが総監督になって初めて会ったので(自分を指して)言われていました。ドキッとしました」と横山。大野が「総監督として初恋の相手として、テレビでご活躍されているのを見て自分のことのように嬉しいです」とにやけると「恥ずかしいです。やめてください」と頬を赤らめた。

 「劇中のように初恋の相手が再び現れたらどうしますか?」と司会者に問われると「大野さん男前なので、大野さんみたいだったらどうしようかな……。久しぶりに会うということは昔より大人っぽくなっていたりすると思うので緊張するかな」としみじみ。司会者が「わたしならまた恋に落ちるでしょうね」とコメントすると「わたしもそうかも」と笑顔を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『9つの窓』はブリリア ショートショート シアターにて先行公開中、2月6日より全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]