竹内結子、ホラー映画引退を宣言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
怖いものが大の苦手という竹内結子

 女優の竹内結子が30日、丸の内ピカデリーで行われた映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』の初日舞台あいさつに出席。怖いものが大の苦手という竹内は、ホラー映画について「引退宣言とさせていただきたいと思います」と素直な気持ちを話して笑いを誘い、次回出演するとしても「いっそう怖がらせるキャラクターで」と語った。

橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎も!初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 本作は「屍鬼」などで知られる小野不由美のホラー小説の映画化。読者の女子大生から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙を受け取ったミステリー小説家が、二人で異変を調査するうちに驚くべき真実に直面する姿を描く。舞台あいさつには橋本愛佐々木蔵之介坂口健太郎滝藤賢一中村義洋監督も登壇した。

[PR]

 中村監督とは『ゴールデンスランバー』などでもタッグを組んでおり、竹内は「何気ないセリフを覚えておくと最後に響いてくる脚本作りや、現場でお芝居をするときに自然と監督の思う方に誘導されていくところが心地よいです」と演出の魅力を紹介。本作についても「わたしが怖がりなので、なるべく現場を明るくしようと思ってくださったようで、愛を感じました」と現場の様子を振り返った。

 MCから「ホラーは克服できましたか?」と聞かれると、奇しくも映画デビュー作がホラーだった事を振り返り、「ちょうど18年前の今日くらいに『リング』でスクリーンデビューしまして。最初がホラーで巡り巡ってリベンジのような形で出演がかなったわけですが、なるべくホラーに関しては引退宣言とさせていただきたいと思います」と素直な心境を吐露して会場から笑いが。

 さらに「次回ホラー映画のオファーが来たら?」と尋ねられるも、「慎重に検討させていただきたいと思います」と話し、「もしお話を頂けるのであれば、いっそう怖がらせるキャラクターで出てみたいと思います」と逆の立場を希望していた。(取材・文:中村好伸)

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]