岩田剛典、三代目JSBドキュメンタリー初日に感慨「ここがひとつのピリオド」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
登壇した岩田剛典

 人気ダンス&ボーカルユニット、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)の岩田剛典が12日、都内で映画『Born in the EXILE~三代目J Soul Brothersの奇跡~』の初日舞台あいさつに出席し、「自分たちにとって初めてのドキュメンタリー映画。普段、ライブやステージで見せたことのない素顔がたくさん映っていると思います。(三代目JSBの活動について)ここがひとつのピリオド」と感慨深げな表情で語り、集った大勢のファンを前に「ここから先、またみなさんと楽しいエンタテインメントを作っていきたい」と笑顔を見せた。

【写真】山下のビートボックスに合わせてELLYがダンス!

 本作は同グループの活動に2014年10月からおよそ1年密着したドキュメンタリー映画。この日はNAOTO小林直己、ELLY、山下健二郎今市隆二登坂広臣らメンバーとメガホンをとった保母浩章監督も登壇した。冒頭、山下のビートボックスに合わせてELLYがダンスを披露するなど、和やかな雰囲気の中舞台あいさつが行われた。

[PR]

 岩田は「保母監督は自分たちのライブツアーに日頃からいるクルーの方で、カメラマンさんもとても身近な存在の方。8人目のメンバーじゃないけど、僕たちもカメラを意識することなく自然体でいられた」と撮影を振り返り、「今の自分たちの等身大の思いだったり、これからの自分たちをいろいろと想像していただけるような内容になっています」と本作をアピール。今市も「映画をやらせていただくのが自分たちの夢だった。自分たちのすべてをぜひ感じていただければ」とコメントし、メンバーそれぞれが感慨深げな表情を見せた。

 山下は劇中に自分の家族が登場するといい、「2月9日で還暦を迎える親父も非常に喜んでくれて、最高の親孝行ができた」とにっこり。登坂はそんなメンバーのコメントを聞きながら、「奇跡のような巡り会わせで7人が揃って活動をさせてもらい、これからもそういった運命や奇跡を手繰り寄せて続けていきたい」と三代目JSBの今後に期待を寄せていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]