「ハリー・ポッター」新作が7月出版!最後の戦いから19年後が舞台

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ハリー・ポッター」新作が7月出版! - 画像はリトル・ブラウンUK公式Twitterのスクリーンショット

 公式に「ハリー・ポッター」シリーズ第8弾と位置付けられている舞台「Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II」(ハリー・ポッターと呪われた子供)の脚本が書籍化され、7月31日に発売されることが明らかになった。出版元のリトル・ブラウンが発表した。日本語版の発売は未定。

【動画】スピンオフ映画もこの冬日本公開!

 「Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II」は、シリーズ第7弾「死の秘宝」での最後の戦いから19年後、エピローグでも描かれた父親となって子供たちをホグワーツ魔法学校へ送り出すハリーのその後を追った作品だ。魔法省での仕事に忙殺されるハリーと、“伝説”の家族であるという重荷に苦しめられる次男アルバス。そんな時に思いも寄らぬところから闇が忍び寄ってきて……。

[PR]

 脚本は、「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリング、舞台「Once ダブリンの街角で」でトニー賞を受賞した演出家のジョン・ティファニー、テレビドラマ「FADES/フェーズ」のジャック・ソーンが執筆した物語を基にしたもの。それをソーンが舞台脚本の形にした。

 プレビュー公演は5月から始まり、7月30日にロンドンのパレス・シアターでワールドプレミア。翌31日に発売される書籍は、プレビュー公演で使用した脚本を基にした「スペシャル・リハーサル・エディション」となる。プレビュー公演中は数々の変更がなされることが普通であるため、後日、ワールドプレミア以降で使用される脚本を基にした決定版の「コレクターズ・エディション」の発売も予定しているという。

 書籍化脚本の発売発表から1日もたたず、同作はアメリカやイギリス版のAmazonなどでベストセラーリストのトップに躍り出るなど大反響を呼んでいる。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]