オリジナル脚本賞は『スポットライト 世紀のスクープ』2016年全米脚本家組合賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スポットライト 世紀のスクープ』キャストたち - Brian de Rivera Simon / WireImage / Getty Images

 2016年全米脚本家組合(WGA)賞が2月13日(現地時間)に発表され、映画部門ではオリジナル脚本賞を『スポットライト 世紀のスクープ』が、脚色賞を『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が受賞した。

【写真】『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

 通常、大きな賞は授賞式の最後に発表されるものだが、翌日にロンドンで行われたBAFTAの授賞式に出席しなければならない人もいたため、今年のWGAはオリジナル脚本賞から発表されたとのこと。『スポットライト 世紀のスクープ』の脚本家の一人トム・マッカーシーは、「最初のカクテルを飲み終える暇もなかった」と壇上でコメントしたほど、すばやい発表だったようだ。

 テレビ部門では、シリーズが終了した「MAD MEN マッドメン」がドラマシリーズで賞を獲得。コメディーシリーズは「ヴィープ(原題) / Veep」に贈られ、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」が新シリーズ賞を受賞している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]