シネマトゥデイ

トライベッカ映画祭のオープニング作品決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
昨年のトライベッカ映画祭より - Robin Marchant / Getty Images for AT&T

 今年で15回目を迎えるトライベッカ映画祭のオープニング作品が、ドキュメンタリー映画『ザ・ファースト・マンデイ・イン・メイ(原題) / The First Monday in May』に決定したことが同映画祭の公式サイトによって明らかになった。

 同作は、昨年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された中国の衣装や文化をフォーカスした展示会「China: Through the Looking Glass」を描いたアンドリュー・ロッシ監督作品。世界の服飾デザイナーに影響を与えた中国文化とニューヨークで最も有名なメトロポリタン美術館を通して、ファッションがアートであるかを問うており、ファッションの祭典「MET GALA」なども掘り下げている。ちなみに「China: Through the Looking Glass」は、近年メトロポリタン美術館で開催された展示会の中で最も入場者数が多く、ウォン・カーウァイ監督がアートディレクターとして携わり、「MET GALA」はバズ・ラーマン監督がクリエイティブ・コンサルタントとして参加していた。

 同映画祭は現地時間4月13日~24日まで開催される予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]