バットマンVSスーパーマンのイベントに日本のDC!「ケンカしてチュー」は1日1回?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本のDCの伝統芸!熱々おでん

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部肥後克広寺門ジモン上島竜兵)が1日、都内で行われた映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の世紀の対決イベントに日本のDC(ダチョウ倶楽部)として出席。上島はバットマン、寺門はスーパーマンのコスプレで対決に挑み、最後は1日1回限定だという「ケンカしてからのチュー」で仲直りした。

【写真】キスもあるよ!バットマン上島VSスーパーマン寺門 ギャラリー

 本作はクリストファー・ノーラン製作総指揮、ザック・スナイダー監督が贈る、DCコミックスの2大ヒーローの対決を描いたアクション大作。スーパーマンを『マン・オブ・スティール』に引き続きヘンリー・カヴィル、バットマンを『アルゴ』などのベン・アフレックが熱演し、人知を超えた能力を持つ男たちの死闘が繰り広げられる。

[PR]

 劇中で対決するバットマンとスーパーマンにちなみ、イベントではスピード・パワー・忍耐力を競って、椅子取りゲーム・ゴムパッチン・熱々おでんの三本勝負を開催。しかし、上島バットマンはスーツが重くて序盤から既にヘロヘロ状態で、椅子取りゲームで敗北を喫すると、あとはドローに持ち込むのが精いっぱい。最後はじゃんけんで勝敗を決め、寺門スーパーマンが勝利した。

 イベント後は劇中の対決の行方も予想し、寺門が「俺(スーパーマン)凄いよ。惑星を動かす力があるんだから、勝てる?」と煽(あお)ると、上島も「俺だってコウモリが味方だから。噛まれるよ?」と応戦。再びケンカモードとなりにらみ合うも、お約束の「ケンカしてからのチュー」はせず、「1日1回なんだよ」「命縮まるんだよ」と笑わせた。

 一方、ジャッジを務めた肥後はバットマンとスーパーマンが面と向かっているポスターを見ながら「映画の中でも最後の最後は二人がチュってして肩組んで終わると思います」と予想していた。(取材・文:中村好伸)

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は3月25日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]