橋本環奈、JC&JK限定のソロライブで最高のひな祭りに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ソロライブも行なった橋本環奈

 “天使すぎるアイドル”として人気の橋本環奈Rev.from DVL)が、3日、都内で行われた映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』のライブ付き公開直前イベントに登場。招待された女子中高生・約180人の観客を前に、同映画の主題歌である「セーラー服と機関銃」をライブバンドを従えて熱唱した。橋本は「今日は、同世代のJC&JK“組員”のみなさんと一緒に、最高のひな祭りになりました。目高組にこんなに同世代の組員がいたら、とても心強いのに」と感激しながら、初主演作公開直前の心境を語った。

【写真】“天使すぎるアイドル”橋本環奈がソロライブ!ギャラリー

 明後日に迫った公開を思いながら、橋本は「去年夏にクランクインして、全力でつくった作品。気づいたらあっという間です」と感無量の様子。サブタイトルにある「卒業」の意味を改めて聞かれると「(橋本演じる)ヒロイン・星泉が、白いワンピースを着る時だけ、ハイヒールを履いているんです。それがちょっと大人になった泉、成長して新たなスタートを切る泉を表しているのかな。卒業には、新しい一歩を踏み出すという意味もありますよね」と会場に語りかけた。

[PR]

 ライブでは、ソロデビューシングル「セーラー服と機関銃」などを熱唱。会場のアンコールに応えてサカナクションの「アイデンティティ」をカバーした橋本はこの選曲について、「私らしい星泉をつくりたいと思ってやってきました。星泉のアイデンティティがはっきり出ているか、みなさんに確かめてほしいから」と、自身の役作りに絡めてコメントした。

 本作は、薬師丸ひろ子主演の『セーラー服と機関銃』(1981)のその後を描く。弱小ヤクザ・目高組組長という過去を持つ高校3年生の星泉は、伯父のかたきを機関銃で襲撃する大事件を起こして組が解散となった今、シャッター商店街の一角でメダカカフェを営む店長として元組員の従業員と共に忙しい毎日を送っていた。しかし、詐欺にあったという友達の相談をきっかけに、再び危機に巻き込まれていき……。(取材/岸田智)

映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』は3月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]