安藤サクラ、『百円の恋』で最優秀主演女優賞

第39回日本アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
発表時、驚きを隠せない様子だった安藤サクラ

 第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、『百円の恋』の安藤サクラが最優秀主演女優賞に輝いた。昨年、『0.5ミリ』でも優秀主演女優賞を受賞したが、最優秀賞はこれが初めて。

【写真】綾瀬はるか、有村架純、樹木希林、吉永小百合!ベテラン&若手がズラリ

 『海街diary』の綾瀬はるか、『母と暮せば』の吉永小百合らを抑えて最優秀賞に選ばれた安藤は、昨年最優秀主演男優賞を受賞した岡田准一から名前を呼ばれると、口に手を当て驚きを隠せない様子。舞台に上がっても「え、どうしよう」とまだ信じられないようで、「ビックリして心臓が出てきちゃいそう」と戸惑いを明かした。

 本作は自堕落な生活を送っていた女性(安藤)が、ボクシングと出会うことで人生をやり直そうと奮闘する姿を描いた作品。劇中で見事な肉体改造とボクシングシーンを披露した安藤は、「口コミで上映館が増えて、国内外含めて観ていただいた皆さんに会いに行きたいと思って会いに行かせていただいた。じわじわとエネルギーがつながってこんなところに来られるなんてうれしい」と喜びを語り、最後は「やった!」と満面の笑みを見せた。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]