『猟奇的な彼女』監督“アジアの彼女三部作”の完結編!華原朋美が主題歌

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
超キュート!ヒロイン、チー役のジョウ・シュン - (C) New Classic Media Corporation

 映画『猟奇的な彼女』『僕の彼女はサイボーグ』のクァク・ジェヨン監督がアジアの彼女3部作の完結編として、更年期と診断されてしまった20代の女性を描くラブコメディー『更年奇的な彼女』の主題歌を華原朋美が担当することが発表された。それに伴い、華原が歌う主題歌「君がそばで」を使用した予告編が公開された。

 日韓両国で爆発的なヒットを記録し、日本公開から10年以上を経た今もなお、ラブコメの金字塔として輝く『猟奇的な彼女』。そして、小出恵介綾瀬はるかを主演に、未来から来たサイボーグと、彼女に惹(ひ)かれていく青年の奇妙な共同生活を描いた『僕の彼女はサイボーグ』。今やアジア映画の巨匠となったジェヨン監督が同2作に続く、“アジアの彼女三部作”の完結編として放ち、すでに中国で大ヒットを記録しているという話題の最新作が『更年奇的な彼女』だ。

 公開された予告編では、『小さな中国のお針子』などで実力派女優として注目され、トム・ハンクス主演の『クラウド アトラス』でハリウッド進出を果たすなど、中国四大女優のひとりとして絶大な人気を誇るジョウ・シュンが絶妙なバランスでヒロイン、チーをキュートに演じている一方で、『レッドクリフ』シリーズのトン・ダーウェイがユーモア溢れる演技でヒロインを献身的に支えるユアンを好演しているのがわかる。そして、そんなアジアスターの競演に劣らず、華原の歌声がのびやかに響き渡るのが印象的だ。

[PR]

華原朋美 - (C) New Classic Media Corporation

 今回、海外作品では初めて主題歌を担当することになった華原は、「私のこれまでの半生で経験した様々な事に想いを馳せながら、その中でこれからの人生で大切なことをこの曲に教えてもらえたような気がします。レコーディング中、感情とシンクロして何度も涙をこらえながら言葉を噛みしめて歌いました……。この楽曲を聞いていただくリスナー皆さん一人一人が、近くにいる大事な人の大切さを改めて感じるきっかけになってもらえたら、と思います」とコメントを寄せた。華原の歌声を聴いたジェヨン監督はすでに、次回作の主題歌も依頼しているというほど魅せられているとのこと。(編集部・石神恵美子)

映画『更年奇的な彼女』は4月8日よりTOHOシネマズ日本橋・新宿他全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]