『ジュラシック・ワールド』が3週連続首位!新『トランスポーター』が3位に初登場

週間レンタルランキング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
恐竜たちの描写がリアルでホントスゴイ! - Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment

 3月14日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『ジュラシック・ワールド』が3週連続で首位を獲得した。

【動画】笑いが絶えない『ジュラシック・ワールド』主演のクリス・プラットの撮影現場

 本作は、バイオテクノロジーで現代によみがえった恐竜の巨大テーマパークを舞台に、恐竜たちが暴走したことから始まるパニックアクション『ジュラシック』シリーズの第4弾。映画の冒頭でしばらく恐竜を見せずに観客をじらしているが、この描写は1作目を思い起こさせる演出。さらに遺伝子操作への疑問、安全対策の過信といった題材が盛り込まれ、原点回帰の内容になっている。第1弾、第2弾を監督したスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮にまわり、新鋭コリン・トレヴォロウがメガホンを取った。

[PR]

 2位も先週と同じく細田守監督の『バケモノの子』。バケモノ界の熊徹とライバル・猪王山とのバトルシーンはボクシングや相撲、カンフーといった格闘技をほうふつさせ、剣劇もスピード感にあふれている。またスクランブル交差点から実在の建物や店名を加えてリアルに描写されている渋谷の街並みも見どころの一つ。

 どんな依頼品でも請け負うプロの運び屋の活躍を描く人気シリーズ『トランスポーター』の最新作『トランスポーター イグニション』が3位に初登場。主役をジェイソン・ステイサムからイギリスの新鋭エド・スクレインに代えてリブート。運び屋フランク(エド)が犯罪組織への復讐に燃える美女3人に協力するため、愛車のアウディS8と共に繰り広げる死闘をカーアクション満載で描く。リュック・ベッソンが製作と脚本を担当し、監督を『フルスロットル』などのカミーユ・ドゥラマーレが務めた。

 また初登場で7位にランクインしたのはピーターパンの誕生秘話を描くファンタジーアドベンチャー『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』。ロンドンの孤児院で暮らす12歳のピーター(リーヴァイ・ミラー)たちは、ある日空飛ぶ海賊船に黒ひげ(ヒュー・ジャックマン)が支配するネバーランドへ連れ去られてしまう。そこでピーターたちは、不老不死の力を持つ妖精の粉を採掘するため働かされるが、採石場で出会った若き日のフック船長(ギャレット・ヘドランド)らの助けを借りて母親探しの冒険を繰り広げることに……。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『ジュラシック・ワールド』(1位)
2位『バケモノの子』(2位)
3位『トランスポーター イグニション』(初登場)
4位『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』(3位)
5位『アンフェア the end』(4位)
6位『マイ・インターン』(5位)
7位『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(初登場)
8位『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(6位)
9位『ピクセル』(7位)
10位『ジョン・ウィック』(8位)

 今週は16日に『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』『ヒロイン失格』がレンタル開始となる。これらの順位と共に『ジュラシック・ワールド』が4週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]