藤原竜也「事故です。事故!」早めに謝罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自信満々だったが… 藤原竜也

 俳優の藤原竜也が19日、都内で行われた映画『僕だけがいない街』初日舞台あいさつに出席し、本作ポスタービジュアルを手描きイラストで再現。いわゆる“画伯”級の画力に言葉をのむキャスト陣だが、劇中で藤原ふんする悟の幼少期を演じた子役の中川翼だけは、そのイラストにくぎ付けで、まるで藤原の太鼓持ちかのように賛辞を送り、会場の笑いをさらった。

【写真】藤原竜也が描いた絵<拡大サイズ>

 本作は、“リバイバル”という時間が巻き戻る不思議な現象に巻き込まれた主人公・藤沼悟(藤原)が、現在と過去を行き来しながら、未解決事件の真相に迫るミステリー。舞台あいさつには有村架純及川光博鈴木梨央石田ゆり子平川雄一朗監督も出席し、悪天候に泣かされたという撮影中の苦労話や、子役たちが平川監督に追い込まれながら頑張ったというエピソードを紹介。

[PR]

 その流れで、有村はある取材で藤原が描いた似顔絵が「あまりにも独特だった」と暴露。そこで、悟が漫画家であることもあり、藤原がプロモーション活動などを通して幾度も見てきたであろう、悟が有村演じる愛梨の手を取って歩く瞬間を収めたポスタービジュアルを約500人の観客の前で生描写することになった。

「事故です。事故!」という藤原竜也“画伯”の画力

 はじめは「(再現)できます」と自信満々だった藤原だが、30秒ほどで完成させると一転、「事故です。事故! 大変失礼いたしました」と事前に謝罪。その後、イラストが披露されるが、会場は沸きも引きもしない微妙な反応で、藤原は「ほらね。こんなリアクションでしょ」と申し訳なさそうな表情。

 及川も「もうちょっと盛り上がると思いました」と苦笑した。ところが、中川だけは「上手いです」と大絶賛で、及川から「翼、それは違うだろ!」とツッコまれても、一瞬もイラストから目を離さず「僕は本当にこんな絵は描けません」とうっとり。以前行われたイベントでは、藤原を役者として目標にしたいと公言した中川だけに、藤原の画力はその演技力と同様、計り知れない魅力として目に映っているようで、一人異様な空気を漂わせる中川のおかげで、会場は爆笑に包まれた。(取材/錦怜那)

映画『僕だけがいない街』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]