『キングスマン』続編のタイトルは『ザ・ゴールデン・サークル』!マシュー・ヴォーンが監督続投

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『キングスマン』より - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『キングスマン』続編のタイトルが『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』に決まった。Empire誌によるマシュー・ヴォーン監督のインタビューで明かされたとComicBookMovie.comが報じた。

【動画】タロン・エガートンが語るコリン・ファース愛

 第1弾でメガホンを取ったヴォーン監督は「自分が監督したいのか、したくないのかわからなかった。悪役のことを心配していたんだ。スパイ映画というのは悪役で良し悪しが決まる」と第2弾でも監督を務めるべきか迷っていたとコメント。しかしある朝、第2弾のストーリーと新たな悪役についてのプロットを思い付いて目覚めたため、監督を続投することを決めたという。第2弾の悪役となるのは、ジュリアン・ムーア演じるポピーだ。

[PR]

 併せて公開された第2弾のコンセプトアートからは、ポピーのアジトである「ポピーランド」が周囲はジャングルで、ダイナーが古代の遺跡に囲まれたような見た目であることに加え、イングランドにあるスパイ組織「キングスマン」の本部が完全に破壊されてしまったこと、「キングスマン」のアメリカ版である「ステイツマン」の本部はウイスキーの製造所を模した見た目であること、川の中を進む潜水艦のような「キングスマン・キャブ」の存在も明らかになった。

 物語は、「キングスマン」の本部が攻撃を受け、「キングスマン」のエグジー(タロン・エガートン)とマーリン(マーク・ストロング)がアメリカの「ステイツマン」に向かうところから始まるようだ。そこで「ステイツマン」のジンジャー(ハル・ベリー)とジャック(キャスト未発表)と出会うことになる。

 ヴォーン監督によると、第1弾でファンを熱狂させた教会での大殺戮シーンのようなものを第2弾で繰り返すつもりはないようだが、「でも僕はみんながこれまで観たことがないような他のシーンを用意しているよ」と新たに作り上げる予定のシーンに自信をのぞかせている。全米公開は2017年6月16日の予定。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]