「ウルフ・ホール」が最多!BAFTAテレビ・アワードノミネーション発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ウルフ・ホール」より - Rachel Murray / Getty Images for Masterpiece on PBS

 イギリスで放送されている優秀なテレビ番組を表彰するBAFTAテレビ・アワードのノミネーションが発表され、オスカー俳優マーク・ライランス主演の「ウルフ・ホール」が最多となる4部門でノミネートされた。

 同ドラマは最優秀ドラマ、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞だけでなく、先週発表された裏方を表彰するBAFTAクラフト・アワードでも衣装デザイン、脚本、編集など6部門でノミネートされている。

 国際部門では、Amazonのオリジナルドラマ「トランスペアレント」が初のノミネーションを獲得。このほかに、Netflixの「ナルコス」や「グッド・ワイフ」、仏ドラマ「SPIRAL ~連鎖~」がドラマ賞のノミネーションを獲得している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]