小道具の銃が発射…ドラマ撮影現場で事故

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブレンダン・フレッチャー - Natalie Cass / Getty Images

 映画『レヴェナント:蘇えりし者』でフライマンを演じていたブレンダン・フレッチャーが、カナダで撮影中のテレビドラマ「カーディナル(原題)/ Cardinal」でケガをし、病院に搬送されたと The Hollywood Reporter などが報じた。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』フォトギャラリー

 代理人によると、空砲が完全に取りのぞかれていなかった小道具の銃が、彼の喉もとで発射され軽傷を負ったとのこと。「彼が起こした事故ではありません。順調に回復していますが、完治するにはどれだけかかるかはわかりません」とコメントしている。

[PR]

 カナダのCTV局によると、ブレンダンはすでに退院しているという。「撮影は1日中断しましたが、すでに再開しています」と言っている。

 「カーディナル(原題)」はジャイルズ・ブラント著の犯罪小説「ジョン・カーディナル・ミステリーズ」を基にしたドラマで、6エピソードが製作される予定。13歳の女の子の遺体発見事件を刑事ジョン・カーディナル(ビリー・キャンベル)が捜査し、その彼をリセ・デローム(カリーヌ・ヴァナッス)が調査しているというストーリー。ブレンダンはエリック・フレイザーという役で出演しているという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]