リンパ腫で亡くなったアンディ・ホイットフィールドさんのドキュメンタリー映画、白血病およびリンパ腫協会など協力で各地で上映へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドラマ「スパルタカス」で知られる故アンディ・ホイットフィールドさん - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 悪性リンパ腫で2011年に亡くなった俳優のアンディ・ホイットフィールドさんの闘病生活をつづったドキュメンタリー映画『ビー・ヒア・ナウ(原題) / Be Here Now』が、アメリカの白血病およびリンパ腫協会などの協力により、各地で上映が予定されている。

 ホイットフィールドさんは、テレビドラマ「スパルタカス」の撮影期間中に発症、治療に取り組んでいたが、再発したため番組降板となり、惜しくも39歳の若さで他界した。

 リリベット・フォスター監督による本作は、2015年ロサンゼルス映画祭で上映され、観客による最優秀ドキュメンタリー映画賞に輝いた。

 特設されたホームページによれば、アトランタやボストンなど、アメリカ各地での上映がスケジュールされており、さらに世界各地から上映の機会を募っている。また、本作品により、白血病やリンパ腫についての認知を広め、当該協会や団体への支援を呼びかけている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]