ゲイリー・オールドマン、ジョー・ライト監督新作でウィンストン・チャーチル元英国首相役か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲイリー・オールドマン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 『ダークナイト』シリーズや『裏切りのサーカス』のゲイリー・オールドマンが、二度に渡ってイギリスの首相をつとめたウィンストン・チャーチルを描く映画『ダーケスト・アワー(原題)/ Darkest Hour』で、主演のチャーチルを演じる可能性があるとDeadline.comが伝えた。

【写真】ゲイリー・オールドマンのクレイジーな悪役姿…

 本作は、第二次世界大戦中の1941年に、チャーチルが保守党党首として第1次チャーチル内閣を発足させた時期を描くもの。監督は、『つぐない』や『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』のジョー・ライト。『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたアンソニー・マクカーテンが脚本を手がける。

 オールドマンは、パトリック・ヒューズ監督、ライアン・レイノルズ共演の『ザ・ヒットマンズ・ボディガード(原題)/ The Hitman’s Bodyguard』が現在製作準備中のほか、1997年の『ニル・バイ・マウス』以来の長編映画監督作品となる、ベネディクト・カンバーバッチレイフ・ファインズ出演で19世紀のイギリスの写真家エドワード・マイブリッジを描く映画『フライング・ホース(原題)/ Flying Horse』の製作が発表されたばかりだ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]