「プリティ・リトル・ライアーズ」俳優、隣人とのケンカ中に拳銃を向けた事件で起訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブランドン・W・ジョーンズ - Johnny Nunez / Getty Images

 テレビドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のブランドン・W・ジョーンズが、3月24日(現地時間)に隣人に拳銃を向けて逮捕されていたことが明らかになった。Peopleなどが報じている。

 同ドラマのアンドリュー・キャンベル役で知られるブランドンは、隣人とのケンカ中に相手にナイフと拳銃を向けて逮捕されたとのこと。ロサンゼルス郡地区検察局によると、重暴行罪のほか、別の機会に違う隣人にも銃をちらつかせたことなどで2件の軽罪にも問われることになったという。

 ブランドンは罪状認否で無罪を主張。保釈金は7万5,000ドル(約825万円)に設定されたという。有罪となれば、最高で禁錮5年もあり得るそうだ。(1ドル110円計算)

 ブランドンは「CSI:科学捜査班」でテッド・ダンソン演じるD・B・ラッセルの息子チャーリーを演じていたほか、「フォスター家の事情」ではリアム・オルムステッドを演じていた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]