ミシェル・ゴンドリー最新作『グッバイ、サマー』が9月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『グッバイ、サマー』より - (C) Partizan Films- Studiocanal 2015

 『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』など、創造性と遊び心に満ちた独特の世界観で絶大な支持を得る、ミシェル・ゴンドリー監督の最新作『グッバイ、サマー』が9月に日本公開されることが決定した。

 本作は、14歳の少年二人が夏休みに旅に出る姿を描いたロードムービーであり、ゴンドリーの自伝的青春ストーリー。画家を目指すダニエルは中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトから“ミクロ”(チビ)とバカにされ、恋するローラにもまったく相手にされない。おまけに母親は過干渉で、兄は暴力的なパンク野郎だ。

 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生・テオがやって来る。目立ちたがり屋で、自分がカスタマイズした奇妙な自転車を乗り回し、趣味の機械いじりのせいでガソリンのにおいを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友に。そして、息苦しくてうんざりするような毎日を脱出するため、スクラップを集めて自分たちで“夢の車”を作り、旅に出ることを思いつく……。

 恵比寿ガーデンシネマ、新宿シネマカリテほか全国公開。『アメリ』『ムード・インディゴ うたかたの日々』のオドレイ・トトゥも出演している。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]