麻薬王の死は今でもタブー 「ナルコス」のロケが断られる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ナルコス」スタッフ&キャスト - Frederick M. Brown / Getty Images

 Netflixドラマ「ナルコス」が、実際に事件があった現場で撮影することを断られたとTMZ.comが報じた。

 同ドラマは実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルとメデジン・カルテル、そしてエスコバルを捕らえ、最終的には殺そうと試みる麻薬取締局(DEA)のエージェントたちを描いた作品。

 製作側は23年前にエスコバルが実際に撃たれ、亡くなった屋根の上でクライマックスシーンを撮影しようと思っていたらしいが、その家を借りている住人が断ったという。コロンビアのメデジンでは、今でもエスコバルのことを軽視するようなことはタブーとされているらしく、住人はコミュニティーと家の持ち主への敬意として使用を断ったらしい。結局は、違う場所の屋根を提供してもらい、シーンを撮影したようだ。

 「ナルコス」は8月に第2シーズンが配信される予定だったが、ドラマの舵取りをするショーランナーが途中降板したことで、配信が遅れるのではないかとidigitaltimes.comなどは報じている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]