SNSで人を批判する“ハッシュタグ世代”に米ロックバンド、スマッシング・パンプキンズのビリーが苦言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
嫌な世の中になった - ビリー・コーガン

 米ロックバンド、スマッシング・パンプキンズビリー・コーガンが、SNSですぐに人の発言を批判する“ハッシュタグ世代”に言論の自由を奪われかねないと心配している。

【動画】ビリー・コーガン出演『サンセット・ストリップ ~ロックンロールの生誕地~』

 ビリーは先日、陰謀論者で知られるアレックス・ジョーンズのラジオ番組に出演。自分の意見に反する発言をしたというだけで、すぐに相手に腹を立て、SNSでそれを批判せずにはいられない若い世代に恐怖を感じ、嫌な世の中になったとコメントした。

[PR]

 ジョーンズが、「若い人たちは、腹を立てる理由をわざわざ探して、突っかかっている」と言うと、「まるでカルト教団だ。言論の自由を信じ、アーティストである僕は、いつか彼らの標的になるんじゃないかと怖くて仕方がない。そうだろう。すぐにではないかもしれないけど、僕が疲れているだけの理由で間違ったことを、間違った日に言ったら、やられてしまう。すべての言葉が地雷のような世界で僕は生きていたくない。自由主義者の僕としては理解できないことだ」と言っている。

 ビリーはSNSですぐに批判する人たちを白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」に例えもしている。政治集会でリポーターに向かって「性転換者だから僕が嫌いなんだろう!」と唾を吐いて叫んでいる人たちを例に挙げ、「彼らが勝手に頭の中でそう思っているだけなんだ。僕らは嫌ってなんかいないのに。この状態をどう乗り越えればいいんだ? まるでKKKのメンバーが有色人種に向かって唾を吐いているのと同じだ。彼らだって自分が正しいと思っていたんだってわからないのかな?」と言っている。(BANG Media International)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]