綾野剛、凶悪役に胸躍る!悪い素顔がチラリ…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「拳銃200丁、覚せい剤130キロ、大麻2トン」に心躍る!?

 俳優の綾野剛が25日、都内で行われた映画『日本で一番悪い奴ら』完成披露舞台あいさつに出席し、悪い一面をのぞかせた。この日は、中村獅童YOUNG DAIS植野行雄デニス)、ピエール瀧白石和彌監督も登壇した。

【写真】わ、悪そう…

 『凶悪』の白石監督による本作は、日本警察史上最大の不祥事と呼ばれる実際の事件をモチーフに、裏社会のスパイ“S”を率い、あらゆる悪事に手を染めた北海道警察の刑事・諸星要一(綾野)の壮絶な26年間を描いた激ヤバエンターテイメント。

[PR]

 綾野にとって本作は、白石監督がメガホンを取るというだけで魅惑的だったのだとか。そして、その後に読んだプロットで「拳銃200丁、覚せい剤130キロ、大麻2トン」という文字を見て心が躍り、「これは参加するしかないとその場で思った」と振り返る。「(役として)これだけ長い年数を生きることはない」と話す綾野は、自身の「新しい表現の課題」と感じたというが、「全キャスト、関係者に共犯者になっていただいて、この役を生きることができたと心から思っています」と満足そうに語った。

 さらに、撮影現場の雰囲気も綾野の気持ちを高ぶらせたよう。白石監督と『凶悪』でタッグを組んだピエールが「今回は何人殺せばいいんですか?」と慣れた口調で白石監督に話しかけている場面を見て、綾野は「最高だな、この現場と思った」のだというエピソードをうれしそうに打ち明けた。

 本作にちなみ、最近の悪いと思ったエピソードを披露する面々。中村は、就寝時に奥さんのイビキがうるさくて鼻をつまんでも無反応で、気が付いたら「無呼吸になっていたので慌てて起こした」と衝撃的な話を紹介。ピエールは「継続中の悪いこと」として、「今日、植野くんと初めてあいさつしてから今まで、困らせようと思って無視しています(笑)」とニヤリ。咳払いで威嚇もしていたようで、植野が「ほんまにヤバイ人やと思った」と困惑した表情を見せると、綾野は「初日まで継続しましょうか?」とポツリ、役同様の悪い一面をのぞかせて植野を慌てさせていた。(取材/錦怜那)

映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]