内田理央、ヒロイン役に「昇格できてうれしいです」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主人公が恋焦がれるアナウンサーを演じる内田理央

 沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で23日に行われた映画『Bros.マックスマン』の舞台あいさつに竜星涼内田理央らが登場、前作に引き続き出演し今回はヒロインを務めた内田は、「ヒロイン役に昇格できてうれしいです」と喜びをあらわにした。この日は、ケンドーコバヤシなだぎ武鬼越トマホーク増田哲英監督も出席した。

【写真】キュートな白ワンピ姿の内田理央! 舞台あいさつギャラリー

 千葉雄大ふんする、普段はアナウンサーとして働く弱々しいスーパーヒーロー・谷口正義の活躍を活写した前作『Mr.マックスマン』の数年後を描く本作は、正義の弟で彼と同じテレビ局で新人ADとして働く英雄(竜星)がブラザーマックスマンに変身し、正義のために戦う姿を追う。

[PR]

 英雄が恋焦がれるアナウンサー・五十嵐梨奈役を前作から続投する内田は、「(劇中の)テレビ局のみんなが少しずつ昇格していて、わたしもヒロインに昇格できてうれしく思います」とにっこり。さらに、「ヒロインはヒーローの背中を押す役。今回は(梨奈への)愛のパワーで(英雄が)変身していたので面白かったです」と劇中の変身シーンに言及し、「完成した変身シーンを見ると、思った以上に(竜星が)声を張っていて……」と驚いたことを告白。ケンドーコバヤシが「何をおっしゃってるんですか?」と突っ込むと、「すばらしい発声方法だと思いました」とはにかんでいた。

 イベントの最後には、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でもヒーローを演じた竜星が、「マックスマンという新しいヒーローを、2作目にして確立できたんじゃないかなと思っています。是非とも皆さんの応援で『マックスマン』が続いていけばいいな。よろしくお願いします」と呼び掛けていた。

 この日3日目を迎えた本映画祭は、蛭子能収主演の映画『任侠野郎』がワールドプレミア上映されるほか、水谷千重子友近)、渡辺直美春麗雨上がり決死隊宮迫博之)らが集う「波の上SUPER歌謡劇場」など、 "Laugh&Peace" をコンセプトに、バラエティーに富んだプログラムが沖縄県内各所で開催される。(編集部・高橋典子)

「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」は沖縄県内各所にて24日まで開催中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]