柳楽優弥、鈴木亮平の“おいなりさん”2回食らう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「しっかり味わいました」柳楽優弥

 俳優の鈴木亮平柳楽優弥らが14日、都内で行われた映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の初日舞台あいさつに出席した。柳楽は本作の撮影で、鈴木演じる変態仮面の必殺技の一つである“おいなりさん”を2度も食らったといい、「嬉しかったです」と笑顔で感想を漏らした。

『HK/変態仮面』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 頭にパンティーをかぶることで特殊なパワーを発揮する変態仮面がパンティー消失の危機に見舞われた世界の非常事態に挑む姿を描いた本作。舞台あいさつには清水富美加ムロツヨシ片瀬那奈福田雄一監督のほか、主題歌を担当するCTS南波志帆も登壇し、主題歌「WAVINESS feat.南波志帆」を生披露した。

[PR]

 “おいなりさん”は変態仮面の股間を使った必殺技。「それはわたしのおいなりさんだ」の決めゼリフと共に本作の見どころの一つとなっており、柳楽は本作の撮影を「楽しかったです。あんなことやこんなことをしっかりやられています」と振り返ったうえで、その“おいなりさん”にも言及。「“おいなりさん”ですか? しっかり味わいましたね」と意味深な表情で話すと、その感触についても「不思議でした」とコメント。

(左から)清水富美加、鈴木亮平、柳楽優弥、片瀬那奈

 福田監督が「亮平さんのは決して悪いものじゃないよね」とニヤけながら問いかけると「そうですね」と答え、「受ける時間が今まで(前作も含め)で最長だと思います。夜中の3時とかに“おいなりさん”で刺激的でした」とにっこり。その後は鈴木をまじまじ見つめて「ありがとうございました」とお礼を述べていた。

 鈴木は本作について「HERO(ヒーロー)という英語は変態のHとエロ(ERO)でできています。変態でエロを満たしている変態仮面こそ本当のヒーロー」と持論を展開。「本当のヒーローを見たいならこれを見ろ!」と自信たっぷりに客席に呼びかけていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]