妻夫木聡&水原希子が大根仁監督と初タッグ!奥田民生ボーイ×男を狂わせる女の恋

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『モテキ』を超える恋愛エンターテインメントに! - (C) 2017「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」製作委員会

 妻夫木聡水原希子が、『モテキ』『バクマン。』で知られる大根仁監督と初タッグを組んだ映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が、2017年に公開されることが明らかになった。大根が「映像化するなら自分が一番向いていると思っていました」という自負のもと、渋谷直角による伝説的サブカル漫画を映画化する。

 本作は、“力まないカッコいい大人”奥田民生にあこがれる雑誌編集者が、出会った男すべてを狂わせてしまう魔性のファッションプレスに一目ぼれするラブコメディー。タイトルにもなっている奥田民生の楽曲が全編に使用され、主題歌やBGMの枠を超えて作品を彩るという。

 35歳の“民生ボーイ”コーロキを演じる妻夫木と、“狂わせガール”のあかりにふんする水原は本作が初共演。ほか、コーロキの勤める雑誌編集部の編集長・木下役を松尾スズキ、コーロキの先輩・ヨシズミ役を新井浩文、人気コラムニスト・美上ゆう役を安藤サクラ、ファッションライター・倖田シュウ役をリリー・フランキーが務める。

[PR]

 原作が事務所に送られてきたことが本作との出会いだったと明かす妻夫木は、「そのとっても素敵な題名にビビッときたというよりも、僕はそもそも奥田民生になりたいボーイです。ずっとずっとなりたいボーイなんです。全国にいる奥田民生になりたいボーイズ代表として、軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さでいい感じの作品に仕上げられたらと考えております」と意気込みを語る。

 ヒロインを務める水原は、「大根監督の『モテキ』のファンでしたので、大根監督の映画に出演させていただけることが決まりとてもうれしいです」と喜びをあらわに。自身が演じるあかりについては、「とてもエキセントリックで、すごく危ない匂いを感じさせますが、とてもチャーミングで目が離せないような女の子なので、今から演じるのがとても楽しみです」と期待を寄せた。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]