“監督”黒木瞳、映画初主演・吉田羊にストレス与えた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督デビュー作を語る黒木瞳

 女優の黒木瞳が23日、日本外国特派員協会にて行われた、自身の初監督映画『嫌な女』の記者会見に出席し、本作で映画初主演を務めた吉田羊にあえて負荷をかけたというエピソードを明かした。

【写真】黒木瞳、女はホラー!?

 桂望実による同名小説を原作に、黒木が初メガホンを取り映像化した本作。吉田と木村佳乃のW主演で、孤独で真面目な弁護士の石田徹子(吉田)といとこの恋多き天才詐欺師・小谷夏子(木村)、対照的な二人の間に奇妙な絆が生まれていく物語を描き出した。

[PR]

 吉田について、黒木は「素直で柔軟性がある方」と印象を語る。「徹子という役自体がとてもストレスのかかる役なので、演出面でも私が負荷をかけたりしてストレスが溜まる感じにしたのですが、それでもそれを乗り越えていきました」と監督目線で裏話を明かした。一方の木村については、「木村さんはこの作品のムードメーカーの役どころなので、テンションを上げて演じていただかないといけなかったのですが、そのモチベーションがキープされていて本当に感服しました。どんなに疲れていてもポンっと上がれる瞬発力は並大抵ではないと思います」と称賛した。

 女優業と監督業の違いについて、「女優の場合は、違う女性を生きるのですが、監督の場合は私が全部出ちゃう。演じているときは私じゃない別の女性なのですが、監督は全部私」と発言。さらに、女優業と監督業、どちらが自分に合っているかという際どい質問には、「これ監督って答えてしまったら、私の35年は何だったんだろうなと悲しくもなるので答えにくい質問ですが……」と前置きしつつ、「ただ、監督をやらせていただいて、本当に地味な作業が続くのですが、意外とコツコツ地味にやるクリエイティブな仕事は自分に合うんだなと発見しました」と笑みを浮かべた。

 また、黒木がホラー映画『仄暗い水の底から』に出演していることから、ホラー映画を撮りたいかと問われると「女はホラーみたいなものですからね。『嫌な女』もどこかでホラーかもしれませんよ」と答え、笑いを誘う一幕もあった。(取材・文:鈴木唯)

映画『嫌な女』は6月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]