中尾明慶、“俳優”蛭子能収に苦言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
蛭子さんにタジタジ…?な中尾

 蛭子能収がヤクザの元若頭を演じ、長編映画初主演を飾った『任侠野郎』の初日舞台あいさつが4日、都内で行われ、壇上では主演の蛭子の演技について中尾明慶が「セリフを覚えてこない」と苦言を呈して会場の笑いを誘った。この日は、蛭子と中尾に加え、トリンドル玲奈橋本マナミ北原里英NGT48)、大悟千鳥)と、メガホンを取った徳永清孝監督出席した。

【ほか写真】蛭子VS大悟“にらみあい対決”

 蛭子と撮影現場で最も一緒になる機会が多かったという中尾。蛭子との共演の感想を問われると、「見ての通り蛭子さんはクセがすごい」と苦笑い。「撮影の直前までずっと台本を見ていて、本番が始まると『あ、俺の役割なんだっけ』って」とセリフを覚える気のない蛭子の様子を明かし、「こんなにセリフを覚えてこない役者さんは初めて」とバッサリ。

[PR]

 蛭子はこれに「最近ちょっと物忘れがひどくて……」と申し訳なさそうな表情。中尾については「すごくいい男」と絶賛し、「(橋本と)絡みのシーンがあるんだよね」とセリフ覚えより中尾のそっちの話題に興味津々。そんな蛭子のキャラクターが憎めないのか、中尾も最後は「楽しかった。明るくやれました」と撮影を総括していた。

 一方、劇中で蛭子の若き日の姿を熱演している大悟も、「撮影の時、蛭子さんと一瞬だけ会ったんですけど『ずっと帰りたい、帰りたい』って」とこちらも蛭子のお茶目な姿を紹介。イベント終盤には二人が演じた小里組元若頭、柴田源治のキャラに絡めた“にらみあい対決”も行われ、大悟が貫禄勝ちする一幕も。「近くで見るとおじいちゃんというよりおばあちゃん」と蛭子のにらみ顔を評して会場を盛り上げていた。(取材・文:名鹿祥史)

『任侠野郎』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]