松坂桃李&菅田将暉、初・兄弟に!GReeeeN「キセキ」にまつわる映画で歌も!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
けっきょく歌うの!?歌わないの!?

 GReeeeNの名曲「キセキ」にまつわる物語を描く映画『キセキ ーあの日のソビトー』が製作され、松坂桃李菅田将暉が初の兄弟役で主演を務めることが明らかになった。劇中、二人の歌唱シーンが映し出される可能性もあるという。

 顔出し一切なし、メンバーが歯科医師とアーティストを両立しているという異色のボーカルグループ・GReeeeN。本作は、その代表曲「キセキ」誕生につながる、ある兄弟の物語を描く。家族や仲間との衝突を経て、二人が自分の道を切り開いていく姿は、GReeeeNのプロデューサー・JINとリーダー・HIDEの実の兄弟が思春期に経験した実話がベースとなる。また、タイトルの“ソビト”とはGReeeeNによる造語で、自由に新しいことに挑戦していく人のことを指す。

 W主演の松坂と菅田。厳しい父親のもとで音楽への道を志す兄弟の、兄JINを松坂が演じ、弟HIDEを菅田が演じる。実際にJINとHIDEに会ったという松坂は、その人柄に魅力を感じたというが、実態が明かされていない実在の人物を演じることの責任も重く受け止めている。「兄弟お二人のわかりあっている雰囲気や空気感をしっかり表現して、兄弟の関係性や家族のかたち、GReeeeNがデビューするまでの仲間たちに対する二人の思いを、丁寧に作品に乗せていきたいと思います」と熱を込める。

[PR]

 『ピース オブ ケイク』『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』などでも共演経験のある二人。菅田は、「僕と桃李君が演じることによって、GReeeeNさんの学生時代や結成当時の様子を世の中に伝える役目を担えるというワクワク感があります」と期待感をあらわに。しかし、やはり松坂と同じく、素顔を公表していないものの、誰もが活躍を知る実在の人間を演じることには特別な思いがあるようで、「異色の経験」になると語っている。

 なお、映画は製作段階だが、歌唱シーンが見込まれており、二人の歌声が披露されるかどうかにも期待がかかる。監督は、『海街diary』『そして父になる』など多くの是枝裕和監督作品の助監督を務めた兼重淳。脚本は、『秘密』でシッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀脚本賞を受賞した斉藤ひろしが手掛ける。(編集部・小山美咲)

映画『キセキ ーあの日のソビトー』は2017年新春公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]