スティーヴン・キング「IT」映画化、恐怖のピエロ役はビル・スカルスガルド

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新たなトラウマ映画が誕生…? - 大きな目玉のビル・スカルスガルド - Jamie McCarthy / Getty Images、ABC / Photofest / ゲッティ イメージズ

 スティーヴン・キングの同名ホラー小説を映画化する『イット(原題) / IT』の不気味なピエロ・ペニーワイズ役に、映画『シンプル・シモン』やテレビドラマ「ヘムロック・グローヴ」のビル・スカルスガルドが決まりそうだ。ビルが出演交渉の最終段階に入ったと The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】ビル・スカルスガルド主演『シンプル・シモン』

 ビルは、『ドラゴン・タトゥーの女』や『アベンジャーズ』のステラン・スカルスガルドを父に、『ターザン:REBORN』のアレキサンダー・スカルスガルドらを兄に持つスウェーデン人俳優。1990年のテレビ映画ではティム・カリーが演じたホラー界のアイコン的なピエロをビルがどう体現するのか、期待がかかる。ちなみに、今回の映画化企画では当初『メイズ・ランナー』のウィル・ポールターがペニーワイズを演じる予定だったが、監督交代による製作の遅れで離脱となっていた。

 メガホンを取るのは、『MAMA』のアンディ・ムスキエティ監督。ITと呼ばれていた不気味なピエロ・ペニーワイズによる連続殺人事件をめぐる少年少女たちの物語を、彼らの子供時代と大人になってからの現代という2部作で描く。全米公開は2017年9月8日の予定。(編集部・市川遥)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]