沢村一樹、R15指定ライダーになるかも?新作映画で仮面ライダー変身!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エロ男爵だけど仮面ライダー! 沢村一樹

 俳優の沢村一樹が、特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」の新作映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』(8月6日全国公開)で、新たな仮面ライダー「仮面ライダーゼロスペクター」に変身することが、8日に有楽町の東京国際フォーラムで行われた製作発表会見で明らかになった。会見には俳優の木村了も出席、ゴーストの敵役「仮面ライダーダークゴースト」を演じることが発表された。

【写真】新仮面ライダー登場!フォトギャラリー

 会見で沢村は、主人公・天空寺タケル役の西銘駿が「『ゴースト』の集大成ということで、みんな一致団結して作りました」とフレッシュなあいさつを披露すると、その口ぶりをまねて「沢村一樹です! 一生懸命がんばりました! よろしくお願いします!」と同じくフレッシュな(?)あいさつ。さらに、隣の木村に「(同じようにやるんだと)わかっているよね!」とプレッシャーをかけ、会場を笑いで包んだ。

[PR]

「ゴースト」「ジュウオウジャー」キャストが集結!

 沢村が演じるのは、ゼロスペクターへと変身する深海大悟。エロ男爵の異名をとるだけに、「僕が出ることによって史上初のR15指定のライダーにならないかと、気になっています」と切り出すと、「『仮面ライダー』といえば若手俳優の登竜門。俳優なら1回は通ってみたい道です。僕も、もしかしたら福士蒼汰、佐藤健みたいにブレークできるかも」と“絶口調”。さらに好きなライダーとして「『V3』、それから僕の尊敬する福士蒼汰君の『フォーゼ』、あと『電王』は佐藤健さんが出ているからよく見ていました」とたたみかけた。

 大悟は、仮面ライダースペクターに変身するマコトと、その妹・カノンの父親という設定で、マコト役の山本涼介が「(撮影時に)ご本人からうちの息子よりも似ていると言われて。息子役として大きな自信を持って演じることができました」と撮影を振り返ると、沢村は「今回、ライダーの役ができたのは、(自分が)山本君と同じ事務所だから、バーターで出られたんじゃないかと。現場でも息子以上の感謝の気持ちを感じながら演じました!」と身もふたもないコメントで最後まで爆笑を誘った。

 この日は『仮面ライダーゴースト』から、大沢ひかる磯村勇斗柳喬之諸田敏監督が、そして同時上映となる『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』から中尾暢樹らレギュラーメンバーとゲストの吉村崇平成ノブシコブシ)も登壇した。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]