宮沢りえ、猫グーグーの名演に感服!もっふもふ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もふもふ! グーグーににっこりの宮沢りえ

 9日、都内にて行われたWOWOWの連続ドラマ「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」完成披露試写会に、主演を務めた女優の宮沢りえが出席し、特別ゲストとしてグーグー役を務めた猫のグミが登場すると、グミの名演に脱帽しきりだったことを明かした。この日は、共演の長塚圭史黒木華前田敦子田中泯犬童一心監督も登壇した。

【ほか写真】前田&黒木も猫にメロメロ~

 本作は、少女漫画家、大島弓子作の飼い猫たちとの日常をつづったコミックエッセイが原作の人気ドラマ化作品の続編。東京・吉祥寺の自宅兼仕事場で、2匹の猫と暮らしている漫画家・小島麻子(宮沢)を取り巻く人々の交流を描く。

[PR]

 イベントの終盤、グミがステージに現れると、宮沢は笑顔でグミをなでながら「ずっと一緒にいたから久しぶりの気がしない」と語り、「想像をはるかに超えた演技をします。負けないくらいの演技ができるよう、私が励まされました」と撮影を振り返り、グミの演技力に脱帽していた。また犬童監督も「僕が撮影してきた猫の中で、最高の名優です」と愛らしさと演技力を絶賛。

 宮沢は、今回の思い出深いシーンとして、黒木とのサシ飲み場面を挙げ「ドラマって色々な角度から撮るけど、表情や動きの繋がりを考えながらやらなければいけないんです。でも監督は、画の繋がりは関係ないって。そこを飛び越えたものを要求するので、思い切って出来た。だからお酒を飲んでいないのに、ベロベロみたいな気分になってましたね」と回想する。

 また、続編ということで再びの撮影現場に対して黒木も「変わらないな、って思いました。それが嬉しくて。なんか物語がずっと続いていたんじゃないか、と思うくらい、ナチュラルにその場にいる姿が、やっていて私はすごく気持ちよかったんです」と違和感なく芝居に入りこめた様子を語った。そして今回初登場となった前田も、撮影初日は緊張していたものの、「(この作品が)もともと好きだったので、現場に入って『わ、皆さんいる!』って興奮して。でも役柄もそんな入り方だったので、それがすごく心地よかったです」と現場の雰囲気にすぐに溶け込んでいたようだった。(取材・文:桂伸也)

「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」は6月11日からWOWOWで放送開始(毎週土曜よる10時~、全5話・第1話無料放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]