中山優馬、霊感取り戻す!10人のお化けを目撃…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
幽霊目撃した中山と共演の(左から)大野、島崎、高橋

 14日、都内にて映画『ホーンテッド・キャンパス』の完成披露試写会が行われ、主役を務めた歌手・俳優の中山優馬が登壇、本作の撮影期間中に幼い頃のように霊感を取り戻し、家でお化けと過ごしていたエピソードを語った。この日は、AKB48島崎遥香大野拓朗高橋メアリージュン安井謙太郎ジャニーズJr.)と、竹本聡志監督も出席した。

【ほか写真】ぱるるのかわいいドレス姿!

 本作は、第19回日本ホラー小説大賞にて読者賞を受賞した櫛木理宇作の小説を実写化した作品。霊が見えてしまうある大学生が、片思いの後輩を追ってオカルト研究会に入部、仲間たちと一緒に呪われたキャンパスで巻き起こる怪事件の謎を解決していくストーリー

[PR]

 今回、映画初出演にして主演を務める中山の役は、お化けが見える以外はごく普通の大学生、八神森司。その役柄に対して「僕自身虫が大嫌いで、虫が出た時には同じように驚いてるな、と思ったところですね。お化けと虫は、ある意味同じ」とヘタレな性格に共感しているよう。

 また、小さい頃に強い霊感があったという中山は、本作の2~3週間に及ぶ撮影期間中だけその感覚を取り戻し、ある日家のベランダに置いてあるテーブルとイスに、“シャドーマン”が座っているのを見たと切り出す。その時のことを「最初はびっくりしたけど、何をするわけでもないから全然怖くはなかったんです。でもそれを放っておいたら、(そこに)10人くらいで住んでいましたね」と振り返りながら「僕が気付くと、いなくなっちゃうんです。いても悪い気はしなかったので、最終的にはいても僕が気付かないふりをしていました」とお化けに気を遣っていたことも明かした。

 そして、中山演じる森司が島崎演じるヒロイン、灘こよみと恋仲になるということで、作品の恋愛シーンについて、「映画として楽しく観せていただいたのもそうですが、自分が出ている作品を観て『キュンキュンするわ』って……なんてなかなか言えなくて、恥ずかしく思っていますけど」と照れつつも、作品の出来に手ごたえを感じている様子。一方の島崎も「小中学校の夏休みに観たかったような映画でしたね」と作品の印象を語っていた。(取材・文:桂伸也)

映画『ホーンテッド・キャンパス』は7月2日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]