『カーズ3』は涙なしでは観られない…?ドック・ハドソンとの思い出描く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第3弾では二人の関係が描かれる! - ドック・ハドソンとライトニング・マックィーン - Buena Vista Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ピクサーのアニメーション映画『カーズ』シリーズ第3弾は「とてもエモーショナルな物語になる」と同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターがEW.comに語った。『カーズ』は、真っ赤なレーシングカー、ライトニング・マックィーンを主人公にした人気シリーズだ。

映画『カーズ』フォトギャラリー

 前2作で監督を務めたラセターは第3弾について「素晴らしい新キャラクターたちが居て、素晴らしいレースシーンもある。そして、とてもエモーショナルな物語になる。『カーズ』第1弾に近いよ」と傲慢な天才ルーキーだったマックィーンが、田舎町ラジエイター・スプリングスの住人たちとの交流を通じて成長していくさまをつづった第1弾に似たテイストの作品になると言及。「本当に特別な物語で、ライトニング・マックィーンとドック・ハドソンの関係、彼との思い出を描くんだ」。

[PR]

 ドック・ハドソン(1951年型ハドソン・ホーネット)はラジエイター・スプリングスの住人で、マックィーンの成長には欠かせなかったキャラクター。声優を務めたポール・ニューマンさんが2008年に亡くなったため、『カーズ2』(2011)には登場しなかった。それだけに第3弾は、『カーズ』ファンには涙なしでは観られない作品になっているといえそうだ。

 第3弾で監督を務めるのは、同シリーズでストーリーボードアーティストを務めてきたブライアン・フィーで、彼は、同作には黄色のレースカー、クルス・ラミレス(ヒスパニックの若い女性)が新キャラクターとして登場するとUSATODAY.comにコメント。たくさんのルーキーが現れる中で古い車の一台となり、引退についてもささやかれるようになったマックィーンに、クルスが新しい技を授けるべく指導するようになると明かしていた。全米公開は2017年6月16日。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]