貞子と伽椰子、最恐はどっちだ!山本美月&玉城ティナがホラー対決の行方に言及

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
二大ホラークイーンに呪われる役どころを務めた山本美月と玉城ティナ - 写真:金井尭子

 映画『貞子vs伽椰子』(6月18日公開)でホラー界の二大怨霊を相手に絶叫演技を披露した山本美月玉城ティナ、同世代の女子から絶大な人気を集めるファッションモデルでもある二人が、劇中で対決する「貞子と伽椰子、どちらが強いか?」について語り合った。

【動画】貞子が罰ゲームに頭抱える

 本作のメガホンを取った白石晃士監督の映画『ノロイ』から韓国製ホラー『人形霊』まで、中学生の頃から、友達と一緒に古今東西のホラー映画を観ていた山本に対し、玉城はホラーが苦手なうえ、ホラー好きな友達からも「一緒に観よう」と誘われたこともなかったとのこと。しかし、「Jホラーの代表作である『リング』と『呪怨』に出られることでラッキーな気持ちになりました」と語る山本は、玉城の持つクールなイメージから「絶対に私と同じホラー好きに違いない!」と勝手に想像していたようだ。

[PR]

 近年『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズなど、モキュメンタリー形式のホラーで人気の白石監督だが、『テケテケ』の大島優子や『シロメ』のももいろクローバー(当時)など、過去には美少女を主人公にしたホラーも手掛けている。そんな白石監督に対し山本は、「お芝居の演出はもちろんですがそれ以上に、怖がり方や髪の毛が手に付いたときの見せ方とか、ホラー的な演出にこだわられる方。それに穏やかでスゴくチャーミングなんです!」とその魅力にメロメロ!

 本作が『天の茶助』に続く2本目の出演映画となった玉城も、「現場の監督は全然怖くなくて、怖がり方や悲鳴とか息遣いなどの細かい動きを実際やってみせてくださるんです。その仕草がとてもチャーミングだったんですが、とても勉強になりました」と振り返るなど、本作でも美少女たちの魅力を引き立たせる独自の白石演出を発揮しているようだ。

 かなりのホラー好きなだけに、「伽椰子さんや貞子さんに初めて会えたときは、やっぱり嬉しかった」と語る山本だが、「貞子と伽椰子、どちらが強いか?」という問いに対しては、「見た目のインパクトというか、本当に出てきたら怖そうなのは伽椰子かな?」と回答。そこに「それは納得。でも、いちばん実際に会いたいのは俊雄くん(笑)」と玉城がツッコむなど、まるで姉妹のように仲の良い二人だった。(取材・文:くれい響)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]