幽霊が日常的に出る奇妙な村…ホラー小説映画化!主演はベラ・ソーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主役やったね!ベラ・ソーン - Todd Williamson / Getty Images

 ディズニーチャンネルの人気ドラマ「シェキラ!」などのベラ・ソーンが、ダニエル・ウォーターズによる2012年出版のヤングアダルト小説「ブレイク・マイ・ハート・1000 タイムス(原題) / Break My Heart 1000 Times」の映画化作品で主役を務めることになったとDeadline.comなど多数メディアが伝えた。

 原作は、事件が起こったあと幽霊たちが出現することが日常となり、人々にとってもそれが当たり前という奇妙な村を舞台に、主人公ヴェロニカがその謎を解明しようとする物語。

 監督は、ダンスムービーシリーズ『ステップ・アップ4:レボリューション』などのスコット・スピアー、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』のジェイソン・フュークスが脚本を担当する。

[PR]

 一時期、本作の主演に映画『ピッチ・パーフェクト2』のヘイリー・スタインフェルドが候補に挙がっていたこともあった。

 ソーンは、スピアー監督とはすでに、今年公開予定の映画『ミッドナイト・サン(原題)/ Midnight Sun』でタッグを組んでいる。その他、グザヴィエ・ドラン監督、ジェシカ・チャステインと共演の『ザ・デス・アンド・ライフ・オブ・ジョン・F・ドノヴァン(原題) / The Death And Life Of John F. Donovan』が現在撮影中、フランク・カルフン監督の『アミティヴィル:ジ・アウェークニング(原題) / Amityville: The Awakening』が来年1月に全米公開予定で現在製作準備中だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]