戸田恵梨香、加瀬亮との破局質問に無言貫く 関係者が制止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
質問に答えず会場を後にする戸田恵梨香

 交際中といわれた俳優・加瀬亮との破局が一部で報じられた女優の戸田恵梨香が20日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日全国公開)のジャパンプレミアに出席、イベント終了間際、待ち構えた報道陣から加瀬との破局について質問が飛んだが無言を貫き、報道陣を関係者が静止する中、足早にステージを後にした。

【写真】戸田恵梨香、ミサミサ!

 本作で、2006年公開の『DEATH NOTE デスノート』から10年ぶりに弥海砂を演じた戸田。イベントでは、「まさかまた『デスノート』をやるとは思ってもいませんでした」と切り出すと、「10年ぶりに同じ役をやるプレッシャーはすごかったです。どこを捨てるかどこを取り戻すか、本当に難しかった」と撮影を振り返った。

[PR]

 1作目は自身にとってのスクリーンデビュー作でもあり、「わたしが俳優デビューしてまだ1年もたたない頃。(役者として)ド素人で、いっぱいいっぱいでした」と当時の心境を告白。「でも、自分はこういう仕事をしているんだって自覚を持てた作品でもあって。今でも大きくてかけがえのない存在です」と続けた。

 この日は東出昌大をはじめ、池松壮亮菅田将暉川栄李奈船越英一郎とメガホンを取った佐藤信介監督も出席。菅田と戸田は本作で久々の共演を果たしたといい、菅田が「そのときは先生と生徒役で、僕がひたすら戸田さんのことを好きだっていう役。でも、今よりずっと未熟な高校生の頃だったので、(久しぶりに)お会いして緊張しました」と明かすと、戸田は「本当? (反応)うっす! みたいな感じだったけど」と笑みを浮かべつつ、「教師と生徒役から、今回全く違う役で共演。妙な照れがありましたね。不思議な気持ちになりました」と感慨深げに語った。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]